忍者ブログ

2015-10-09(Fri)

形式ばらないことと傲慢と

「~中略~ 一般の習慣である礼儀作法や言葉遣いを省いても、傲慢とは思わずに認めるというのですか?」
「形式ばらないことと傲慢とを間違えることは、決してないと思います。~中略~ 傲慢さのほうは、自由の身に生まれた者ならたとえお給料のためであっても、受け入れることはできないでしょう」
「~中略~ 自由の身でもほとんどの人間は、給料のためなら何にでも従うものですよ」


あー……うーん…………うん。
どちらにも頷けるけれど、傲慢は薄ら寒い関係しか、作り上げられないよねぇ。
だから、給料のぶん以上には、従わないよね。
よっぽどの無垢、あるいは盲目的な献身者ではない限り。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

自己紹介

名前:水戸けい
仕事:小説書き
サイト:みとけい

ブログのカテゴリ
【あのね】日常のこと
【φ(..)メモる】メモ
【おしごと】おしごとのこと